カラコンでメイクが変わりました


カラコンをつけて一番変わったのは、メイクをしたときです。

アイシャドウと口紅を使うようになって、目がぱっちりとして、目が覚めたように生き生きとした印象になりました。

学生時代、親に新しいカラコンを買ってもらうと、「アイシャドウがひどすぎる。お化けみたいになってしまうから “と。

自分がコンタクトレンズを手に入れたときは、とても興奮しました。

初めてコンタクトをつけてデートに行ったのですが、自分がコンタクトを好きになるとは思ってもいませんでした。

 

私は初めてコンタクトをつけたのですが、友達は普段からコンタクトをつけていました。彼女は “コンタクトレンズを着けているのか、それとも私の顔を着けているのか “と言ってきました。私はその場の雰囲気に飲まれてしまい、答えることができませんでした。

コンタクトレンズは、誰もが何らかの形で使用し、楽しんでいるもののひとつだと思います。それを装着することで、自分の外見に良い影響を与えることができると認識することが重要です。

コンタクトレンズは価値があるのでしょうか?もちろんです。

私は、18年以上コンタクトレンズを使用しているプロのカメラマンの女の子を知っています。

彼女は眼鏡をかける必要もありませんでした。

また、16年近くコンタクトレンズを使用している女性も知っています。

コンタクトレンズが厚くて固定できなくなり、眼鏡をかけるようになりました。

私は、コンタクトレンズは必要だと思います。私も15年以上コンタクトレンズを使用していますが問題はありませんから、それはよくわかります。

むしろ、コンタクトをつけた自分の姿に慣れてしまい、友人からコンタクトレンズを外した写真をよく頼まれるようになりました。

コンタクトをつけ始めた頃は、緊張していたのを覚えています。自分らしくない姿に驚かれないか、とても心配だったのです。

コンタクトを付けているのに、どうしてそんなに普通なんだ」と言われるかもしれない。でも、今では、友人や家族も私を受け入れてくれていることに気づきました。